不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏不動産の投資利回り、下降傾向が顕著に-健美家調べ

2015/4/9 21:15

区分マンションの投資利回り8.91%
健美家は4月3日、「全国収益(投資用)不動産市場動向レポート 2015年1月~3月期」を発表した。不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家(けんびや)」の登録物件と、問い合わせ物件を集計し分析したもの。

レポートによると2015年1月~3月期に登録された区分マンションの投資利回りは、8.91%。2005年の調査開始以来、最低となった。2012年から続く投資利回りの下降傾向は相変わらずで、特に首都圏を中心とした主要エリアでその傾向が強い。

一方、価格は2008年4月以降では最高となる1,277万円を記録。上昇幅は前年比で16%、底値だった2011年比では55%と、大きく上昇した。登録物件数も約1.4万件と増加傾向を持続している

一棟アパートの投資利回り9.67%
一棟アパートも投資利回りは下降が続いており、2008年以来最低水準の9.67%を記録した。前年比0.94ポイントのマイナスで、下落幅も大きい。中国・四国、信州・北陸を除く全てのエリアで、前年より下降している。

価格はリーマンショック以降では最高値となる5,502万円で、前年比19%アップと大きく上昇した。登録物件数も8,700件を超え、前年同期比134%と大幅に増加している。

一棟マンションの投資利回りも過去最低水準の8.59%となった。登録物件・問い合わせ物件の投資利回りはいずれも首都圏での下降が顕著だ

価格は2009年以降、最高となる1億5,494万円。登録物件数も前年同期より126%増の6,000件近くに達した。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

健美家株式会社のニュースリリース
http://www.kenbiya.com/img/press/pre2015-04-03.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

表参道駅、好調ぶりを維持。東京メトロ千代田線の駅別中古マンション価格 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。