不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ユナイテッド・アーバン投資法人、有明の倉庫などを新規取得

2014/11/26 11:00

80億円で「第1・第2MT有明センタービル」を取得
ユナイテッド・アーバン投資法人は11月20日、東京都の倉庫と大阪府の店舗敷地を新たに取得すると発表した。

新規取得する倉庫は東京都江東区の「第1・第2MT有明センタービル」で、取得価格は80億円。店舗敷地は大阪市の「ライフ西九条店」と「ライフ玉造店」の敷地で、取得価格は合計で36億4,000万円の予定だ。

「第1・第2MT有明センタービル」が立地する江東区有明は、東京都心部や首都圏近郊への交通アクセスが良好なため、物流拠点が集まるエリア。

その中でも「第1・第2MT有明センタービル」は、首都高速の複数のインターチェンジから至近の立地であるため、高い競争力を有すると判断した。

また、2020年東京オリンピックの会場予定地とも隣接するため、将来性の高い用地として高い資産価値を見込む。現在、マスターレッシー(一括賃貸契約者)を経由して、エンドテナント3社に転貸されている。

敷地は「ライフ」に長期賃借
大阪府の店舗敷地は、いずれもライフコーポレーションが展開するスーパーマーケット、「ライフ」に賃借する。生活利便施設であるため、中長期にわたって安定した収益が期待できる。

これらの物件の取得により、平成26年11月期(第22期)と平成27年5月期(第23期)の業績予想が修正された。

平成26年11月期(平成26年6月1日~平成26年11月30日)の純利益は71億8,500万円、1口当たり分配金は2,860円に修正された。

平成27年5月期(平成26年12月1日~平成27年5月31日)の純利益は76億4,200万円、1口当たり分配金は2,890円となる見込みだ。

同時に、平成27年11月期(平成27年6月1日~平成27年11月30日)の業績予想も発表された。純利益は76億6,900万円、1口当たり分配金は2,900円と予想される。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

資産の取得に関するお知らせ(第1・第2MT有明センタービル 他2物件)
http://www.united-reit.co.jp/site/file/tmp-Cq6Ze.pdf

平成26年11月期(第22期)及び平成27年5月期(第23期)の運用状況の予想の修正並びに平成27年11月期(第24期)の運用状況の予想に関するお知らせPDF
http://www.united-reit.co.jp/site/file/tmp-P4hJA.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

シノケングループ、インドネシアで不動産ファンド、全アパートメントにIoT装備 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。