不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ケネディクス・オフィス投資法人、平成26年4月期決算を発表

2014/6/18 12:00

1口当たり分配金は9,638円
ケネディクス・オフィス投資法人は6月13日、平成26年4月期(第18期:平成25年11月1日~平成26年4月30日)決算を発表した。

決算短信によると平成26年4月期の純利益は、前期比1.9%増の28億8,500万円だった。 1口当たり分配金には内部留保金のうち3億1,900万円を取り崩して加算し、9,638円とした。

(画像はプレスリリースより)

次期の1口当たり分配金は9,810円と予想
平成26年4月期は、期初に投資口の追加発行を行い、181億9,800万円を調達。これらを資金に、東京経済圏のオフィスビル7物件などを取得した。

一方で、3棟の保有物件を総額35億5,900万円で売却している。この結果、期末のポートフォリオは合計89物件。内訳はオフィスビル90.4%、都市型商業施設6.6%、住宅2.1%、その他0.9%となった。当期末時点の稼働率は96.0%と概ね良好。

次期となる平成26年10月期(第19期:平成26年5月1日~平成26年10月31日)には、5月に取得総額146億6,600万円で取得したオフィスビル3棟の賃料貢献が見込まれる。これにより純利益は34億8,200万円、1口当たり分配金は9,810円なとる見通し。

外部リンク

ケネディクス・オフィス投資法人のプレスリリース
http://www.kdx-reit.com/cms/whats/20140613Q.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

最高級ラグジュアリーホテル「東京エディション銀座」着工 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。