不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

グローバル・ワン不動産投資法人、平成26年3月期の決算を発表

2014/5/19 21:00

2物件の売却で61.6%増益、分配金は19,365円
グローバル・ワン投資法人は5月15日、平成26年3月期の決算を発表した。

平成26年3月期(平成25年10月1日~平成26年3月31日)の純利益は、前期比61.6%の増益となる20億7,900万円。1口当たりの分配金は19,365円だった。

当期はスフィアタワー天王洲、近鉄新名古屋ビル(共有持分67%)を売却。新たにアルカセントラルを取得した。

不動産等売却損と不動産等売却益の通算で11億5,700万円の利益を計上。近鉄新名古屋ビル売却益の一部は、圧縮積立金として内部留保される。

(画像はニュースリリースより)

平成26年9月期の運用状況の見通し
第22期となる平成26年9月期(平成26年4月1日~平成26年9月30日)は、アルカセントラルの通期稼働が計上できるものの、売却したスフィアタワー天王洲、近鉄新名古屋ビルからの収益がなくなることから、大幅な収益減が見込まれる。

平成26年9月期の純利益は9億1,600万円。55.9%の減収となる見込み。1口当たりの分配金は、5,200円となりそうだ。これは3月に投資口の分割を行ったためで、分割前の換算では10,400円。

外部リンク

グローバル・ワン投資法人のニュースリリース
http://www.go-reit.co.jp/cms/whats/20140515.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

不動産投資クラファン「X-Crowd」、第2号ファンドの申し込みを1月30日開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。