不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業を認可/東京都

2014/4/22 18:00

東京都、渋谷駅前の整備事業を認可
東京都は4月18日、道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合の設立を認可。道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業を進める。

開発地区面積は、約0.6ヘクタール。そのうち、約3,330平方メートルの敷地に建設する地上18階建ての商業施設を中心に、駐車場や都市計画道路などを設置する。総事業費は約465億円となる見込み。

(画像はプレスリリースより)

文化都市「渋谷」の魅力を世界へ発信
今回の再開発事業が進めば、まちのゲートとなる渋谷駅前が活性し、外国企業の誘致や国内外の観光客の動員が期待できる。

そのためにも、空港リムジンバスを含むバスターミナルや駐車場を設け、広々とした歩行者エリアを整備するなど、機能的な交通基盤作りに力を入れる。

(画像はプレスリリースより)

同時に、災害時の安全拠点にもなるように、帰宅困難者の受け入れ機能や、防災備蓄倉庫等を設置する。

東京都では今回の組合設立認可により、国際的な観光文化都市「渋谷」玄関口の整備が進むとしている。

外部リンク

東京都の報道発表資料
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014.htm

最新ニュース

関連ニュース

コメント

日本プライムリアルティ投資法人、東京都心のオフィスビルを追加取得 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。