不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

「フラット35」の金利、過去最低を更新

2014/5/5 08:00

「フラット35」、過去最低の1.73%
住宅金融支援機構は5月1日、「フラット35」の5月の借入金利を発表した。

返済期間が21年以上35年以下の場合、融資率9割以下の最低金利は1.73%。融資率9割超の最低金利は2.17%となった。長期金利の低下が続いているため、いずれも融資が開始された2003年10月以来、過去最低水準を更新した。

また、返済期間が20年以下の場合も低下傾向が続いている。融資率9割以下の最低金利は、1.45%。前月に比べ0.02ポイント下がっており、3か月連続で低下している。融資率9割超の最低金利は、1.89%である。

(画像は、フラット35のホームページより)

返済プランが立てやすい「フラット35」
「フラット35」は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して融資する、長期固定金利の住宅ローン。資金開始時に返済終了までの金利と返済額がわかるので、返済プランを立てやすいのが特徴だ。

少しでも負担の軽い住宅購入を支援するためのローンなので、借りやすいのもメリットの1つ。保証料、繰上返済手数料共に無料で、保証人も不要である。

また、収入状況が変わって返済が難しくなったときにも、柔軟に対応してくれる。返済期間の変更やボーナス返済を中断するなど、様々な返済メニューから自分に適した返済条件へ、無料で変更できる。

外部リンク

最新の金利情報:長期固定住宅ローン【フラット35】
http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

長期固定金利住宅ローン 【フラット35】
http://www.flat35.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

国交省、「緑のカーテン」に取り組む地方公共団体は前年比1.6倍、全国的な広がりへ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。