不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

2013年首都圏のマンション市場動向を発表、不動産経済研究所

2014/1/29 02:00

2013年首都圏のマンション市場動向
不動産経済研究所が、2013年首都圏のマンション市場動向を調査し、その結果を発表した。

2013年1~12月に首都圏で供給された民間分譲マンションは5万6,476戸で、前年と比べて1万874戸増加した。

東京都区部は46.1%増で、都下は8.8%減、神奈川県は4.8%増、埼玉県は13.5%増、千葉県24.2%増となった。1戸当たりの平均価格は4,929万円で前年と比較すると8.6%アップした。なお東京都区部は5,853万円で、都下は4,238万円、神奈川県は4,212万円、埼玉県は3,718万円、千葉県は3,675万円だ。

初月契約率は月間平均が79.5%で、前年と比較すると3.2ポイントアップした。
累積契約率は91.7%で、前年と比較すると1.7ポイントアップだ。


12月末の販売在数は5,090戸で、前年末と比較すると257戸減少した。なお2014年の供給は5.6万戸程度という予測だ。2013年と比較すると減少しているが、ほぼ横ばいだ。

(画像はプレスリリースより)

首都圏の不動産状況を調査
首都圏において2013年年間の新規供給戸数は5万6,476戸で、前年と比較すると23.8%の増加だ。
首都圏の都県別供給戸数は東京都区部が2万8,338戸、東京都下が4,436戸、神奈川県が1万1,805戸、埼玉県が6,617戸、千葉県が5,280戸だ。

分譲価格は首都圏平均で4,929万円。2012年と比較すると389万円アップした。東京都区部は5,853万円、都下は4,238万円、神奈川県は4,212万円、埼玉県は3,718万円、千葉県は3,675万円だ。なお都区部は、570万円という大幅上昇となった。

外部リンク

2013年首都圏のマンション市場動向
http://www.fudousankeizai.co.jp/Icm_Web/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京都、平成26年9月と平成26年第3四半期の新設住宅着工動向を公表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。