不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

区分マンション「低価格・高利回り」に投資家の人気が集中

2013/9/12 13:00

低価格・高利回り物件に問い合わせが集中
株式会社ファーストロジックが運営する不動産投資サイト『楽待』では、このところ低価格・高利回りの区分マンションに投資家からの問い合わせが集中しているという。

『楽待』がまとめた物件統計レポート、「2013年8月期投資用不動産の市場動向調査」で明らかになった。

市場動向調査によると、新規掲載された区分マンションの物件価格が前月比で上昇しているのに対し、問い合わせ物件の価格は下落している。また、新規掲載物件の利回りが下落しているのに反して、問い合わせ物件の利回りは上昇した。

(画像はプレスリリースより)

掲載物件と問い合わせ物件のニーズが合わない
『楽待』に新規掲載された区分マンションの平均価格は、1,019万円。前月比で38万円上昇した。これに対して、問い合わせ物件の平均価格は752万円。前月より96万円下落している。

また、新規掲載物件の表面利回りは平均で10.44%。前月比で0.29%の下落となった。一方で、問い合わせ物件の表面利回りは平均で12.98%。前月に比べ、0.92%上昇している。

新規掲載物件では価格が上昇し、利回りが下落しているのに対し、投資家からの問い合わせでは、低価格・高利回りの物件に人気が集中しており、掲載物件との開きが顕著になっている。

外部リンク

株式会社ファーストロジックのプレスリリース
http://www.firstlogic.co.jp

最新ニュース

関連ニュース

コメント

阪急リート投資法人、2013年11月期運用状況予測変更 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。