不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

アベノミクスでも70%の不動産オーナーが「家賃は値上げしない」

2013/8/25 22:00

不動産投資におけるアベノミクスの影響
不動産投資サイト「楽待」を運営する株式会社ファーストロジックは8月23日、「不動産投資におけるアベノミクスの影響」についての調査結果を発表した。調査は、「楽待」サイトに会員登録をしている不動産投資家を対象に行われた。

これによると、不動産オーナーの70%が「家賃の値上げの予定はない」と回答している。

「保有物件で賃料の値上げを検討していますか?」とたずねたところ、最も多かったのが「値上げの予定はない」70%。「値上げを検討している」のは10%で、「すでに値上げした」は1%と、7割の賃貸物件オーナーが、アベノミクス効果でも家賃は上げないと判断している。

(画像は株式会社ファーストロジック ホームページより)

アパートの価格、今年最低に
7月中に「楽待」に新規掲載された物件の価格を見ると、一棟アパートの価格は今年最低価格にまで下落した。

2012年11月から高い水準を維持していた一棟アパートだが、7月の物件価格は5805万円。対前月比で▲529万円と、大幅に値が下がった。

一方、一棟マンションの物件価格は、1億8711万円。対前月比で750万円と大幅に上昇した。マンション物件は価格の上下変動が激しく、2013年1月をピークに価格を上げ下げしながらも、緩やかに右肩下がりの傾向がみられる。

外部リンク

株式会社ファーストロジックのプレスリリース
http://www.firstlogic.co.jp

株式会社ファーストロジック
http://www.firstlogic.co.jp/

楽待
http://www.rakumachi.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京圏の新型物流施設の賃料がピークに-JLL調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。