不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

住宅金融支援機構 一定以上の融資顧客に財務状況含めた賃貸事業状況調査

2013/7/14 09:00

調査対象者には事前に書面通知
2013年7月10日、住宅金融支援機構は、一定額以上の賃貸住宅融資利用顧客について財務状況含めた賃貸事業状況について調査を行うと発表した。株式会社帝国データバンクビジネスサービスに調査業務を委託。調査対象者には事前に書面通知の上、今月より順次実施する。

必要書面は事前に準備でスムーズな調査に協力を
今後、同様の調査が毎年行われ、顧客は賃貸事業状況を証明する書面提出が必要になる。また、3年に一回住宅金融支援機構融資先賃貸住宅の外観調査が行われる。

外観調査にあたって立ち会いは必要ない。また、入居者に対する聞き取り調査、情報収集は行われない。

事業状況の書面提出以外は特に手間はないようだ。書面提出を求められて慌てることがないよう事前に準備しておき、スムーズな調査に協力を。

問合わせ先
株式会社帝国データバンクビジネスサービス 
住宅金融支援機構担当
03-5540-1432(平日 9:00~17:00) 

一般財団法人 住宅金融普及協会について
所在地東京都文京区関口。出版、住宅ローンアドバイザー養成事業を行っている。住宅・金融等に関する総合的調査研究、知識普及、住宅金融支援事業、建築審査等の事業などにより国民生活安定確保と生活向上促進寄与を目的としている。

外部リンク

賃貸住宅オーナー様向け調査の実施について
http://www.jhf.go.jp/topics/topics_20130704.html

一般財団法人 住宅金融普及協会
http://www.jhf.go.jp

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ゆうちょ銀の住宅ローン参入を民営化委が容認。縮小路線返上 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。