不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

住宅購入意向者の「ホンネ」とは?妻がほしいのは「自分専用の寝室」

2013/6/24 13:00

東京23区で「住まいへの願望に関する意識調査」を実施
株式会社オープンハウスは6月25日の「住宅デー」を前に、「住まいへの願望に関する意識調査」を実施した。

東京23区内在住の「住宅購入を検討している30代~40代既婚男女」を対象に、住宅購入意向者の“ホンネ”に迫った。

調査結果のによると「住みたい街」のトップは、世田谷区(12.5%)。2位は港区(10.0%)、3位は目黒区、杉並区(6.5%)の順となった。

理想の間取りは「4LDK」(40.0%)がトップ。次いで「3LDK」(35.0%)で、約8割(75.0%)が3~4LDKを希望している。

自由な予算で家を作るとしたら、いくらくらいがよいかをたずねたところ、「4,000万円以上6,000万円未満」(27.0%)が最も多かった。次いで「6,000万円以上8,000万円未満」(23.5%)、「4,000万円未満」(19.5%)。

「4,000万円以上8,000万円未満」と理想と考える人が、過半数の50.5%を占めている。ちなみに最高金額は「10億円」で、平均金額8,525万円だった。

女性は「キッチン」にこだわり「自分だけの寝室」がほしい
家を作るときにもっともこだわりたい部屋をたずねたところ、全体では「リビング」と回答した人が63.0%で、圧倒的に多かった。しかし男女別でみると、女性の34.0%が「キッチン」と答えており、女性のキッチンへのこだわりが顕著となった。

特別な部屋を作るとしたらどんな部屋がほしいかとの問いには、「自分専用の個室」が男性56.0%、女性40.0%と、半数近くが個室を希望している。第2位は「ホームシアター」(17.0%)だった。

また、男女の違いが最も顕著だったのが、「自分専用の寝室」。男性2.0%に対して女性は10.0%と、男性の5倍という格差が生じている。自分専用の寝室でゆっくり眠りたいと望む女性が多いようだ。

オープンハウスは今回の調査目的について、
消費税増税や住宅ローン金利の動向が気になる昨今ですが、「住宅デー」を機に、一般生活者の皆さんに「住まいづくり」への関心をより高めていただければと思います。

と、説明している。

外部リンク

株式会社オープンハウス
http://oh.openhouse-group.com/index1.html?link_id=gnavi

株式会社オープンハウスのプレスリリース
http://www.atpress.ne.jp/view/36531

最新ニュース

関連ニュース

コメント

全体的に下落基調。東京カンテイ、北総鉄道の駅別中古マンション価格を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。