不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

大阪マルビル緑化プロジェクト「都市の大樹」始動

2013/6/10 18:00

大阪マルビル6階までの壁面緑化工事が完成
大和ハウス工業など大和ハウスグループ4社は6月7日、建築家 安藤忠雄氏との協働により、“大阪マルビル”の1階から6階(地上約30m)までの壁面緑化工事が6月6日に完成し、大阪マルビル緑化プロジェクト「都市の大樹(としのたいじゅ)」が始動することを発表した。

*画像はニュースリリースより
大阪の街を緑でつなぐ「緑の回廊プロジェクト」のシンボル
プロジェクトは、「都市の大樹」は、大阪マルビルを大木に見立て、ツルや蔦などで壁面を覆い、大阪の新たなシンボルにしようと企画されたもので、大阪マルビルの1階から6階の壁面(1,000平米)を緑化する壮大なプロジェクト。

安藤忠雄氏が取り組む大阪の街を緑でつなぐ「緑の回廊プロジェクト」のシンボルとして、大阪マルビルの壁面を緑化したいという提案に大和ハウス工業が賛同し、「都市の大樹」の工事に着手。その後、大和ハウス工業を中心に、グループ会社の大阪マルビル、ビルを設計・施工したフジタ、環境緑化事業を推進している大和リースの4社協働で工事を進めたもの。

1階広場内には、大和リースとライセンス契約を締結しているフランスの緑化会社 カネヴァフロール社製の壁面緑化システムに、アイビーをはじめ、オタフクナンテン、カポックなど約20種類・約2,600ポット(鉢)の植物を用いて、全長16m・高さ2.5mと全長10.5m・高さ2.85mの巨大な緑の壁に配置し、意匠性の高い壁面を演出。

1階~6階のビル壁面の緑化は、同ビルを設計・施工したフジタが担当。4階壁面に人工地盤を設置し、4階から6階まで窓以外の部分にワイヤーメッシュを設置し、ツルや蔦などを這わせるなど、高層部約1,000平米の緑化を行った。

大和ハウスグループでは、「都市の大樹」の良好な景観を維持するため、1階の「大阪マルビル 緑のテラス」については、月2~3回メンテナンスを行い、季節ごとに植物を植え替える。また、1階から6階までのビル壁面の緑化については、年4回の定期巡回を行い、剪定や整枝、除草や追肥、消毒などを行うとしている。

外部リンク

大和ハウス工業など4社 ニュースリリース
http://www.daiwahouse.co.jp/release/20130606205249.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

女川町民陸上競技場跡地に災害公営住宅を竣工、UR都市機構 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。