不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ONEエネルギー、蓄電池レンタルによる家庭向けエネルギーサービス先行受付開始

2013/4/29 13:00

月々4,900円(税込5,145円)でスマートライフ
ONEエネルギーは、気軽にスマートライフを実現する、家庭向け“蓄電池レンタルサービス”の先行受付を、東京電力管内の、自己所有の戸建て住宅に住む人、またはこれから新築される人(マンションは不可)を対象に、4月26日より開始した。

レンタルサービスの料金は、ベースプランで、初期費用0円、月額税抜4,900円(税込5,145円)。月額料金は地域その他の条件により異なることがあり、たとえば、東京都在住で補助金の条件を満たす場合、月額2,900円(税込3,045円)。取り付けは、6月1日より順次行い、同サービスの提供を進めるとしている。
「太陽光屋根借りプラン」をプラスし、“実質負担額0円”も
ONEエネルギーは、オリックスとNECおよびエプコが、それぞれの専門性や得意分野を活かして設立した新しいエネルギーサービスの会社。これまでに培ったサービス力と技術力で、蓄電池の調達からレンタル、工事手配、保守メンテナンス、さらにはクラウドを活用したアプリまで総合的なサービスを提供する。

“蓄電池レンタルサービス”は、NEC製の定置用蓄電池(容量:5.53kWh)とエプコ開発のスマートハウス向けアプリケーション「ぴぴパッ!」をクラウドデータ連携により組み合わせ、システム一式を一般家庭向けにレンタルで提供する国内初のサービス。

蓄電池のレンタル、性能保証サービス(蓄電容量を保証)、見守りサービス(クラウドを介して遠隔監視し障害等がないか判断し、保守員を派遣して障害等を復旧修理する)、アプリサービス(使用電力の見える化や節電に関する情報を提供するサービスでスマートフォンなどで利用)の4つのサービスが含まれ、契約期間は一律10年となる。

また、屋根を借り受け、同社が発電事業者となる「太陽光屋根借りプラン」をオプションとして取り扱い、「蓄電池レンタルプラン+太陽光屋根借りプラン」では、「蓄電池レンタルプラン」加入による電気料金削減効果と「太陽光屋根借りプラン」による賃料収入を併せることで、同サービスを“実質負担額0円”で利用することも可能になるという。

外部リンク

ONEエネルギー 公式サイト
http://one.energy.orix.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住信SBIネット銀行、不動産担保ローン金利引下げキャンペーンを開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。