不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ビジネスパーソンが選ぶ住みよい街ランキング

2022/8/26 04:00

日経BP 総合研究所が住みよい町を調査
日経BP 総合研究所は8月22日、「シティブランド・ランキング -住みよい街2022-」を発表しした。

全国の働く世代2万3239人を対象に、実際に住んでいる街または直近で住んでいた街の「住みよさ」について調査したレポートである。

住みよさの基準として「安心・安全」「快適な暮らし」「生活の利便性」「生活インフラ」「医療・介護」「子育て」「自治体の運営」「街の活力」の8分野・合計39項目の評価について調査し、回答結果をランキング形式でまとめた。

住みよい街1位は「千代田区」
ビジネスパーソンが考える、住みよい街1位には東京都の「千代田区」が選ばれた。「医療・介護」と「自治体の運営」でそれぞれトップだったことに加え、「安心・安全」や「生活インフラ」などの項目でも評価が高かった。

2位は東京都の「武蔵野市」、3位は東京都の「府中市」と香川県の「丸亀市」、5位は東京都の「文京区」だった。

トップ10位のうち都内以外の自治体では、3位の「丸亀市」のほか、福岡県の「福岡市」(7位)、愛知県の「長久手市」(9位)、茨城県の「守谷市」(10位)、佐賀県の「鳥栖市」(10位)が選ばれている。

分野別の評価では、「医療・介護」と「自治体の運営」の2分野は総合1位の千代田区がトップだったが、その他の6分野では以下の自治体がトップになった。

安心・安全」は東京都の「中央区」。「快適な暮らし」は愛媛県の「西条市」。「生活の利便性」は福岡県「福岡市」。「生活インフラ」は東京都の「港区」。「子育て」は千葉県の「流山市」。「街の活力」は東京都の「武蔵野市」。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社 日経BPのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000084501.html

株式会社 日経BPのホームページ
https://project.nikkeibp.co.jp/ppp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

23区オフィスビル供給量は港区が最多-森トラスト調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。