不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

中古マンション成約価格、18か月連続で上昇

2021/12/15 13:00

中古マンション成約価格は4.94%上昇し3199万円
不動産流通推進センターは12月10日、2021年11月の「指定流通機構の物件動向」を公表した。全国の指定流通機構(レインズ)の成約事例のうち、中古住宅に関するデータを集計したものである。

これによると、11月における中古マンションの成約件数は、前年同月比1.90%減の6410件だった。5か月連続で減少している。

成約価格は同4.94%上昇の3199万円、成約平米単価は同7.65%上昇の48万2800円となり、どちらも18か月連続で前年同月を上回った。

専有面積は同1.76%減の67.55平米で、6か月連続のマイナス。築年数は同3.67%増の24.05年。こちらは6か月連続のプラスとなった。

首都圏の中古マンション価格は3.86%上昇
主なエリア別の、中古マンションの成約件数と成約価格は以下の通りである。

北海道の成約件数は、前年同月比6.48%減の231件。成約価格は、同15.00%上昇の2103万円。

首都圏の成約件数は、同6.02%減の3339件。成約価格は、同3.86%上昇の3938万円。

中部圏の成約件数は、同8.77%減の416件。成約価格は、同5.42%上昇の2231万円。

近畿圏の成約件数は、同9.10%増の1583件。成約価格は、同11.69%上昇の2628万円。

九州・沖縄の成約件数は、同6.01%減の391件。成約価格は、同7.85%上昇の2182万円。

(画像は、指定流通機構の物件動向-令和3年11月より)

外部リンク

指定流通機構の物件動向(令和3年11月)-公益財団法人 不動産流通推進センター
https://www.retpc.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「第2回近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査」結果を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。