不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産投資型CF「FANTAS funding」、累計調達額が20億円を突破

2020/10/31 17:00

10月募集の開発プロジェクトで達成
FANTAS technology株式会社は、2020年10月30日、同社の不動産投資型クラウドファンディングサービス『FANTAS funding』における累計調達額が20億円を突破したと発表した。

『FANTAS funding』は、オンライン完結型で1口1万円からの出資が可能な投資サービス。累計調達額20億円突破は、2020年10月募集の開発プロジェクトの調達完了をもって達成されている。

オンラインで手続きが完結する利便性を誇る
FANTAS technology株式会社は、「リアル×テクノロジー」の力により不動産投資と資産運用をより身近なものにすべく、事業を展開している企業。AIを活用した不動産/金融領域のマッチングサービスや、クラウドファンディングを通じた空き家の再生などと共に、2018年10月より『FANTAS funding』の運営も手がけている。

『FANTAS funding』は、クラウドファンディングのシステムを活用することにより、1口1万円からの投資を可能にした不動産投資サービス。オンラインで手続きが完結する利便性を誇ると共に、投資家の元本が守られるシステムの構築により最大限の安全性も確保した。また最近は、VRパースや動画の公開など、投資の透明性を向上する取り組みも開始している。

多くの投資機会を創出、投資市場の拡大に貢献
『FANTAS funding』は、提供開始時から113ファンドを組成し、全ファンドで目標額を調達。うち87ファンドについては、既に償還済みとなっている。直近のファンド募集では、同サービスで初となるマンション開発ファンドを組成。最大募集額となる約1.5億円を同ファンドで調達したことにより、今回の累計調達額20億円突破は達成された。

FANTAS technology株式会社は今後も、多くの投資機会を創出することで投資市場の拡大に貢献するとしている。

外部リンク

1万円からの不動産投資『FANTAS funding』 累計20億円調達 - FANTAS technology株式会社
https://fantas-tech.co.jp/news/press/4045/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

不動産投資クラファン「CREAL」、オンライン本人確認「LIQUID eKYC」導入 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。