不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏中古マンション価格3134万円-アットホーム調べ

2020/10/29 17:00

首都圏中古マンション価格、前月比0.3%下落
アットホームは10月27日、9月の「首都圏の中古マンションの価格動向」を発表した。同社のネットワークに登録されている、首都圏の中古マンションの成約価格を集計・分析したデータである。

これによると9月における中古マンションの平均成約価格は、前月比で0.3%下落の3134万円だった。

「千葉県西部」は、2017年1月以降の最高額を記録
エリア別の成約価格は、次のとおりである。

「東京23区」は、前月比0.2%下落の4157万円。「東京都下」は、同0.6%下落の2573万円。

「横浜市・川崎市」は、同1.3%下落の2,936万円。「神奈川県他」は、同0.7%下落の2,326万円。

「さいたま市」は、同2.4%下落の2,490万円。「埼玉県他」は、同1.2%上昇の2,027万円。

「千葉県西部」は、同1.9%上昇の2,310万円。「千葉県他」は、同1.3%下落の1,581万円。

「埼玉県他」および「千葉県西部」を除く各エリアが、前月に比べて価格を下げた。前月を上回った「千葉県西部」は、2017年1月以降の最高額を記録している。

首都圏8エリアの平均価格を前年同月比でみると「東京23区」が2.5%の上昇、「千葉県西部」が3.6%の上昇となった。

これに対して「東京都下」、「横浜市・川崎市」、「さいたま市」では1%超の下落。特に「横浜市・川崎市」は17年1月を100とした平均価格指数が99.1となり、首都圏8エリア中で唯一、100を下回った。

(画像はプレスリリースより)
分析:アットホームラボ株式会社

外部リンク

アットホーム株式会社のプレスリリース
https://athome-inc.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

投資家の過半数がここ1、2年が売りどきと判断-健美家 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。