不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏、平均価格が上昇。「MERCURY MARKET REPORT 2019-2020」

2020/7/24 13:00

『Realnetニュース』にてダウンロード可能
株式会社マーキュリーは、2020年7月20日、レポート『MERCURY MARKET REPORT 2019-2020』の無料公開を開始した。

同社は、新築マンションのビッグデータを活用した不動産情報プラットフォーム事業を展開している企業。同レポートは、2019年の新築マンション市場などをまとめたものであり、同社が運営するニュースサイト『Realnetニュース』にてダウンロードすることができる。

2019年における新築マンション市場を総括
マーキュリーは、約30年にわたって不動産業界向け情報サービスを展開している。約4万物件におよぶ新築マンションデータを保有し、このデータを活かす形で『Realnet』『Realnetニュース』なども運営。情報収集力と分析ノウハウにより、不動産に関わる多くの人の満足を創造している。

今回同社が公開を開始した『MERCURY MARKET REPORT2019-2020』は、2008年より毎年発行しているレポートの最新版。エリア別の新築マンション市場動向や、行政区別の販売数ランキングなどを通じて、2019年における新築マンション市場を総括している。

平均価格、2000年代で最高値となる5942万円
同レポートによると、2019年の首都圏における新築マンション供給戸数は44351戸となった。この数は、2000年代で最少となった2018年よりも少ない。しかし平均価格は、2000年代では最高値となる5942万円をマーク。また、初月申込率・平均坪単価・平均面積のいずれもが、前年比プラスとなっている。

マーキュリーは今後も、サービス拡大と利便性向上に向けて努力を続けるとしている。

外部リンク

『MERCURY MARKET REPORT2019-2020』Web公開開始 - 株式会社マーキュリー
https://mcury.jp/news/770/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「爆買い」鎮静化で商業地の上昇指数に歯止め-三友システムアプレイザル調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。