不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京Aグレードオフィス空室率12か月連続1.0%割れ-JLL調べ

2020/6/14 18:00

5月末の空室率は0.6%
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)は6月11日、「東京オフィス マーケット」をアップデートした。このレポートは、2020年5月末時点の“東京Aグレードオフィス”の空室率および賃料をまとめたもの。

JLLの発表によると、5月末時点における東京Aグレードオフィスの空室率は、前月比で0.1ポイント低下の0.6%。空室率が12か月連続で1.0%を下回っている。

エリア別では大手町・丸の内を含むサブマーケットで低下がみられ、六本木・赤坂は横ばいとなった。

なお、前年同月比では0.4ポイントの低下である。

月額賃料の坪当たり4万126円
5月末時点における月額賃料の平均は、坪当たり4万126円だった。前月比で0.4%の下落、前年同月比では2.4%上昇している。

JLLは賃料動向について、昨今の社会経済悪化の影響は短期的とみるオーナーは賃料を堅持している反面、
潜在空室等を勘案して稼働率の維持向上を優先するオーナーによる賃料引き下げが増加している状況を反映した
(プレスリリースより)

と分析している。

なお、JLLが示す東京Aグレードオフィスとは、東京の中心業務地区である「千代田区」、「中央区」、「港区」、「新宿区」、「渋谷区」の5区にて、1990年以降に完成した延床面積3万平米以上、基準階面積1000平米以上の、新耐震基準に適合したオフィス物件を示す。

(画像は日本経済新聞プレスリリース「『東京オフィスマーケット2020年5月末時点』の添付リリースより)

外部リンク

ジョーンズ ラング ラサール株式会社のプレスリリース
https://www.nikkei.com/

ジョーンズ ラング ラサール株式会社のホームページ
https://www.joneslanglasalle.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏、上昇を継続。東京カンテイ、中古マンション70平米価格月別推移を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。