不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

TSON、社会貢献にもなる不動産小口化投資商品「森林再生5号」を販売開始へ

2020/4/13 20:15

2020年1月から『森林再生』を展開
株式会社TSONは、2020年4月13日、不動産小口化投資商品『森林再生5号』の販売を開始した。

TSONは、住宅事業やコンサルティング事業などと共に、不動産投資事業も手がける企業。2020年1月からは、社会貢献にもなる新しい不動産小口化投資商品として『森林再生』の展開も図っている。

環境社会を考えた住宅を物件に選ぶ
TSONは、不動産投資事業・住宅事業・広告企画事業・コンサルティング事業を展開する中で、新たな発想による住宅ビジネスの課題解決に挑んでいる。マーケティング調査に基づいたターゲット層の絞り込みや新商品の開発にも取り組んでおり、こうした施策の一環として不動産特定共同事業『森林再生』の展開も開始された。

不動産特定共同事業は、投資家から募った資金により不動産を運用し、収益は分配するというもの。少額資金で高いリターンを見込める投資として、近年人気を呼んでいる。同社は『森林再生』を、手応えのある利回りや元本安全性の高さを誇る商品として提供。また、環境社会を考えた住宅を物件に選ぶことにより、社会貢献にもなる投資として展開している。

住宅・不動産の資産価値を向上
今回販売が開始される『森林再生5号』では、国産材の使用や太陽光発電パネルの搭載、また天然石による地盤改良といった施策が採られた物件を、対象不動産として設定している。想定利回りは6.7%(税引き前)であり、想定運用期間は1年。出資総口数は88口で、出資総額は4400万円となっている。

TSONは今後も、多様な資金調達手法を普及させ、住宅・不動産の資産価値を向上させるとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

不動産特定共同事業 - 株式会社TSON
https://www.tson.co.jp/service/investment.html

不動産特定共同事業に基づく不動産小口化投資商品『森林再生5号』販売開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

最新ニュース

関連ニュース

コメント

オリックス不動産投資法人、平成26年2月期決算を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。