不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ユナイテッド・アーバン投資法人11月期分配金3435円

2020/1/27 14:00

新たに2物件を177億5300万円で取得
ユナイテッド・アーバン投資法人は1月17日、2019年11月期の決算を発表した。

11月期(2019年6月1日~2019年11月30日)における営業収益は、前期比で9.5%減の246億7100万円、営業利益は同14.3%減の115億6500万円、経常利益は同15.1%減の105億4400万円。純利益は同15.1%減の105億4300万円だった。1口当たりの分配金は、同226円減の3435円である。

ユナイテッド・アーバン投資法人は、用途や地域を限定しない総合型のJ-REIT。11月期は兵庫県西宮市と北海道札幌市のホテル2物件を、計177億5300万円で取得した。

その結果、11月期末時点においての運用資産は商業施設34件、オフィスビル33件、商業施設とオフィスビルの複合施設1件、ホテル18件、オフィスビルとホテルの複合施設2件、住居21件及びその他13件の合計122件で、取得価格の総額は6438億3600万円となった。

11月期末時点のポートフォリオ全体の稼働率は、99.2%である。

次期分配金は3470円の見込み
次期となる2020年5月期(2019年12月1日~2020年5月31日)は、営業収益が251億6900万円、営業利益が117億5500万円、経常利益が107億4400万円、純利益が107億4300万円となる見込み。

また、1口当たりの分配金は、3470円と予想される。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ユナイテッド・アーバン投資法人のプレスリリース
https://www.united-reit.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

高利回り物件の最新情報を無料でお届け!エクスマートのキャンペーン のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。