不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏、千葉県が67.3%伸張。「月例新築マンション動向」2019年12月号

2019/12/6 03:00

2019年9月度の分譲実績データを反映
株式会社マーキュリーは、2019年12月3日、同社運営サイト『Realnetニュース』にて『月例新築マンション動向』2019年12月号を発表した。

『月例新築マンション動向』は、同社の独自調査による新築分譲マンションの最新動向を紹介すべく、毎月発表されているもの。今回発表された2019年12月号は、2019年9月度の分譲実績データを反映している。

首都圏、多くのエリアで供給戸数が減少
『月例新築マンション動向』2019年12月号によると、首都圏一都三県の多くのエリアで新築マンションの供給戸数が減少。東京23区と東京都下、そして横浜市・川崎市は、いずれも前年同月比がマイナス20%を超える結果となった。

その一方で、千葉県は前年同月比プラス67.3%もの伸張をマーク。この結果についてマーキュリーは、『リビオ柏の葉キャンパス』など多くの戸数を分譲するマンションの存在を指摘。大幅な伸張の要因になったと考察している。なお首都圏全体の供給戸数は、前年同月比マイナス12.7%となった。

大阪府下のみがプラス115.2%伸張
関西圏における新築マンションの供給戸数は、首都圏と同様に多くのエリアが前年同月比マイナスを示した。しかし、大阪府下のみがプラス115.2%の伸張をマーク。この結果についてマーキュリーは、同エリアは小規模ながら分譲されたマンションが多く、供給戸数の増加に繋がったと考察している。

同社は今後も、「社」から「者」へというテーマのもと、多角的なサービスの構築を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

【月例新築マンション動向】2019年12月号 - 株式会社マーキュリー
https://news.real-net.jp/pickup/109125

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住まいを購入して最も後悔したことは?-ネクスト調査 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。