不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

融資件数増を目指す。アルヒとiYell、住宅ローン事業分野において業務提携

2019/8/11 14:00

業務提携に関する基本合意書を締結
アルヒ株式会社は、2019年8月8日、住宅ローン事業分野における業務提携に関する基本合意書を、iYell株式会社との間で締結したと発表した。

アルヒは、『フラット35』をはじめとする住宅ローン関連業務を展開している企業。iYellは、住宅ローンプラットフォーム事業などを展開している企業。

アルヒとiYell
アルヒは、国内最大手の住宅ローン専門金融機関として、業界最低水準と自負する金利で『フラット35』の提供を続けている。2018年度における同社の『フラット35』融資実行件数シェアは25%を突破し、9年連続のシェアNo.1を達成。今後は、住宅ローン事業のさらなる拡大や、不動産事業者をつなぐマルチプラットフォームの構築も、目指しているという。

iYellは、金融機関における住宅ローンに関する業務をテクノロジーによって効率化するサービスなどを、提供している。住宅ローンテック企業を自認する同社は、不動産事業者向けの住宅ローン業務効率化スマートフォンアプリなども提供。不動産事業者のネットワークも構築している。

iYellが保有するネットワークから送客
アルヒとiYellの業務提携では、住宅ローン融資実行件数の増加が目指される。そのため、iYellが保有する不動産事業者ネットワークからの送客も、検討される予定。プラットフォーム事業の拡大についても、話し合いが進められるという。

アルヒ今後も、シナジー効果が期待できる事業を展開している企業と業務提携を進め、事業の成長を図るとしている。

外部リンク

iYellと住宅ローン事業分野における業務提携に関する基本合意書を締結 - アルヒ株式会社
https://www.aruhi-group.co.jp/news/press/20190808

最新ニュース

関連ニュース

コメント

パナホームが「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2012」で“特別優秀賞”、“優秀企業賞”を受賞 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。