不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

1口1万円からの高金利・低リスク型サービス「i-Bond」

2019/5/8 15:00

インターネット完結型の新たな投資
不動産賃貸関連サービスを手がけるマリオンは5月7日、「お金 第3の置き場『i-Bond』(アイボンド)」の販売を開始した。

このサービスは「不動産特定共同事業」の許可の得た、不動産投資型のクラウドファンディングである。

申込みから契約までインターネットで行えるWEB完結型で、運用期間は無期限、物件変更(入れ替え)型の新たなサービスとして注目される。

価格は1口1万円からとなっており、申し込み・買い取り手数料は0円。予定分配率は年1.50%(税引き前)の予定だ。

預貯金より高金利、投資より低リスク
これまで家計資産は、「預貯金」と「投資」の二者択一が一般的だった。マリオンではお金の第1の置き場である「預貯金」、お金の第2の置き場である「投資」の間に位置する、お金の第3の置き場として「i-Bond」を提供する。

「i-Bond」は預貯金の金利に比べて高い分配金と、投資よりも低いリスク、さらに現物不動産に比べて高い流動性を強みとし、いつでも出し入れが可能な商品。

商品名の「i-Bond」は「愛」と「仁(=おもいやり)」という人間愛に基づく思想と、ICT(インフォメーションアンドコミュニケーションテクノロジー)の「i」を合わせたネーミングである。

外部リンク

株式会社マリオンのプレスリリース
https://ssl4.eir-parts.net/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

Apogee Investors、スペイン沖の人工島カタルーニャで宇宙体験ホテル開発 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。