不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏の申込率、80%。マーキュリー「月例新築マンション動向」2018年11月号発表

2018/11/9 01:15

『Realnetニュース』の独自調査によるもの
株式会社マーキュリーは、2018年11月5日、『月例新築マンション動向』の2018年11月号を発表した。

同社は、マーケティングシステム『サマリネットシリーズ』を提供している企業。『月例新築マンション動向』は、同社運営メディア『Realnetニュース』の独自調査によるものであり、11月号は本年8月度の分譲実績データを元にしている。

東京都下の申込率、89%
『月例新築マンション動向』2018年11月号によると、首都圏全体での申込率は、過去1年で二番目に高いという80%に到達した。エリア別に見た場合、東京23区のみ76%となったが、それ以外の東京都下や神奈川県下といった全エリアでは80%以上をマーク。特に東京都下は、89%を示した。

関西圏の申込率は、全体で51%をマーク。過去1年で最低となった。なお、北摂・大阪府下・京都市の3エリアでは、坪単価が過去1年で最高値を示している。中京圏では、全体で53%をマーク。こちらもまた、過去1年では最低値を示した。

不動産に関わる多くの人の満足を創造
マーキュリーの『Realnetニュース』は、業界の動向やトレンドを網羅すると共に、同社が保有しているビッグデータを活用したレポートや、オリジナルの取材記事などを配信しているメディア。『月例マンション動向』の過去発表内容についても、閲覧が可能となっている。

マーキュリーは今後も、保有する情報収集力と分析ノウハウを活用し、不動産に関わる多くの人の満足を創造するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

月例新築マンション動向 2018年11月号 - 株式会社マーキュリー
https://real-net.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

中古一戸建て住宅平均価格、東京都は5,453万円-東京カンテイ調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。