不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

買ったら得or損?自動でわかるHowMaの新サービス

2016/3/23 06:00

「この物件、いいな」と思ったら、素早くチェック!
不動産の相場価格が確認できるウェブサービス「HowMa(ハウマ)」に、便利な機能が新登場した。

新しく登場したのは、「中古物件チェッカー」サービス。自宅や購入したい中古物件について、相場価格との差額やチェックしておきたいポイントなどが自動で確認できるサービス。不動産売買を検討している一般ユーザーに対して、有利で安全な取り引きを行うための物件情報を提供する。

中古物件の売買相場価格を算出するHowMaの推定エンジンを活用し、中古物件の価格が相場と比べて高いのか、安いのかがわかるのが最大の特徴だ。しかしたとえ相場より価格が安かったとしても、資産価値に影響を及ぼす弱点があることも多い。

「中古物件チェッカー」では住宅ローンの控除対象外や、建築制限があるなどのデメリットや、念のために確認しておきたい気になるポイントも自動表示してくれる。

さらに詳しいシミュレーションも可能
「中古物件チェッカー」の使い方は簡単だ。気になる物件が掲載されているウェブページのURLをコピーし、チェック欄にペーストするだけで、自動で結果を表示してくれる。

チェックの結果を見て、さらに詳しい物件情報が知りたい場合は、HowMaのマイページにその物件を登録しよう。住宅ローンの金利やローン返済期間、購入時の諸費用などのシミュレーションができる。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社コラビットのプレスリリース
https://www.value-press.com/pressrelease

HowMa
https://www.how-ma.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住信SBIネット銀行「住宅ローン」金利引き下げキャンペーン のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。