不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

J-REIT資産総額は拡大、6月末時点で13兆6,836億円

2015/8/22 16:45

東急不動産、「TOREIT」四半期報告を発表
東急不動産は8月21日、「TOREIT」四半期報告(第31回)を発表した。四半期ごとにJ-REITの動向を調査分析したレポートで、2015年4~6月期の状況をまとめたもの。

これによると、2015年4~6月期の新規取得物件数は94件。売却物件数は19件だった。売却物件の内、7件が野村不動産レジデンシャル投資法人によるもの。

不動産価格は上昇傾向、今後の投資動向に注目
取得時鑑定評価額によるキャップレートは全体で5.0%と、前期とほぼ同水準となった。しかしながら、エリア別に見ると全てのエリアでキャップレートは低下しており、取得時鑑定キャップレートの低下傾向は継続している。

各投資法人の物件取得意欲は高いものの、不動産価格が上昇傾向にあるため、今後の鑑定キャップレートの推移に注意が必要だ。

NOI利回りは過去最低水準
J-REIT全体における資産総額は引き続き拡大しており、 2015年6月末時点の資産総額は13兆6,836億円、所有物件数は3,061件となった。

また、2015年3月までに決算期を迎え、2015年6月末日までに公表された決算情報に基づく運用時NOI利回りは平均5.3%。

用途別にみるとオフィスが5.1%、共同住宅が5.2%で、それぞれ過去最低水準となった。エリア別にみても同様の傾向が見られ、千代田区、中央区、港区の都心3区は4.5%、地方は6.0%と、共に過去最低水準となっている。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

東急不動産株式会社のニュースリリース
http://www.tokyu-land.co.jp/news/2015/pdf/toreit1507.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

中古住宅の魅力とは?-LIFULLのアンケート調査 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。