不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

三菱地所ホーム、賃貸住宅事業に本格参入 新ブランド 「M-asset」を発表 

2013/1/28 15:00

施工から賃貸経営まで一貫してサポート
三菱地所ホームは1月24日、都市部での賃貸住宅事業に本格的に参入するため、2×4(ツーバイフォー)工法による木造賃貸住宅の新ブランド 「M-asset(エム・アセット)」を発表した。

同商品のオーナーに対して、三菱地所ハウスネットが入居者募集・賃貸物件管理等のサービスを提供、三菱地所グループの2社が連携して、施工から賃貸経営まで一貫してサポートする体制を整備するという。

*画像はニュースリリースより 「参考プラン / 片廊下タイプ」
「真に価値ある資産」を目指した安心の賃貸住宅提案
「M-asset(エム・アセット)」は、三菱地所ホームの設計対応力や技術力、三菱地所グループの資産活用のノウハウとサポート力を活かし、人と街に優しい、そしてオーナーと入居者に優しい、「真に価値ある資産」を目指した安心の賃貸住宅提案。

耐震性能の長寿命化へ、制震システム「エムレックス」を標準装備し、防犯対策としてオートロックシステムとシャッター雨戸を標準装備、メンテナンス性に優れた外装材と内装材の採用、高い遮音性能、都市部に多い準防火地域に対応した仕様や部材の採用等、デザイン性だけではなく高い基本性能を有し、建物性能(構造躯体や屋根・外壁の雨水侵入防止)の長期30年保証を実現。

建物竣工後の経営サポート面は、三菱地所ハウスネットによる最長30年間の一括借上や、賃貸 経営代行システムにて対応するほか、滞納賃料保証制度、入居者からの設備の不具合等の連絡を24時間受付可能なコールセンター等、オーナーのニーズやマーケットに合わせて様々なメニューを用意。また、税務やローン、各種損害保険、リフォームの相談等、専門のスタッフが長期に亘って安定した賃貸経営と資産管理を支えるとしている。

外部リンク

三菱地所ホーム、三菱地所ハウスネット ニュースリリース
http://www.mitsubishi-home.com/news/pdf/img054.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住友林業 子育て支援リノベーション物件販売開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。