不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

鹿島、純木質耐火集成材「FRウッド」開発

2012/10/15 10:00

国産スギ材のみを利用し、1時間の耐火性能を実現
鹿島は10月11日、東京農工大学、森林総合研究所、ティー・イー・コンサルティングと共同で、国産スギ材のみを利用した純木質構造部材で、1時間の耐火性能を有する集成材「FRウッド」を開発したことを発表した。

都市部の防火地域での木造建築物や大規模な木造建築物の建設は、石膏ボードなどにより木材を覆う仕様以外は困難であることから、木造耐火建築物が実現可能となる純木質耐火集成材「FRウッド」の共同開発を行い、1時間耐火構造の大臣認定を取得したもの。

*画像はニュースリリースより (耐火集成材 左:大断面 右:小断面)
都心の飲食店舗「音ノ葉グリーンカフェ」にて初適用
新開発の「FRウッド」は、国産スギ材のみを利用した純木質耐火構造部材で、木材をあらわしでかつ構造部材として利用可能。小断面(260mm×290mm(荷重支持部120mm×120mm))から、それ以上の大断面など自由に設計が可能という。

*画像はニュースリリースより (カフェ内観 完成イメージ)

適用実例として、都心の飲食店舗「音ノ葉グリーンカフェ」(施工:住友林業)を構成する独立柱、飛び梁に「FRウッド」を初適用。従来の木造耐火建築物のように石膏ボードに覆われることのない木造・木質感あふれる空間を実現するという。同物件は、国土交通省が推進する「平成24年度木造建築技術先導事業」として採択されている。

外部リンク

鹿島 ニュースリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press/201210/11a1-j.htm

最新ニュース

関連ニュース

コメント

積水化学工業「進・スマートハイム」1,000棟を突破 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。