不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

三菱地所、米国サンフランシスコの高層オフィスビル取得!

2012/10/15 20:00

ニューヨークで新たな物件取得
三菱地所株式会社は、米国・サンフランシスコにおいて、高層オフィスビル「50 Beale Street」を10月13日、米国子会社(ロックフェラーグループ・インターナショナル社及び三菱地所ニューヨーク社)を通じて取得したと発表した。



三菱地所は、2011年にワシントンD.C.で2物件を取得しており、それに続き本物件の取得となった。その結果、米国子会社を通じこの2年間で12万m2以上のオフィス床を取得したことになる。また、同社は今後も海外事業におけるポートフォリオの拡大を目指し、米国においても不動産事業を積極的に展開していく予定である。

高層オフィスビル「50 Beale Street」の概要
本物件は、1968年に竣工した地上23階建ての高層ビルで、世界的設計事務所Skidmore, Owings & Merrill社により設計された。また、本ビルの至近は、今後も更なる発展が期待できるエリアに位置しており、大規模複合開発「Transbay Transit Center」が進められている。



本物件は、米グリーンビルディング協会(USGBC)環境性能評価システムの既存物件部門、LEED-EB(Leadershipin Energyand Environmental Designfor Existing Buildings)の認証を受けているAクラスオフィスビルである。



三菱地所のグローバルの取り組み
同社は、1972年のMitsubishi Estate New York社を設立以来、同社ネットワークを活用し、米国・ニューヨークおよび、英国・ロンドンを中心に優良な資産ポートフェリオを構築してきた。今後もいままで培って来た実績とネットワークを利用し、欧米における資産、更なる拡大を加え、経済発展の著しいアジアでの優良な資産ポートフェリオの開発を推進して行く予定である。

外部リンク

三菱地所グローバルでの取り組み
http://www.mec.co.jp/j/global/index.html

三菱地所HP
http://www.mec.co.jp/index.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

米不動産投資Resmark、集合住宅コミュニティ取得 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。