不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

8月首都圏新築マンションの平均価格18.6%上昇-マーキュリー調べ

2023/11/13 23:15

マーキュリーが月例新築マンション動向を発表
マーキュリーリアルテックイノベーターは11月9日、「月例新築マンション動向 2023年11月号」を発表した。新築分譲マンションの2023年8月度の実績データを独自調査したものである。

これによると2023年8月度における首都圏の供給戸数は、前年同月比7.5%減の1387戸だった。平均坪単価は同13.2%上昇の344万6,000円。平均価格は同18.6%上昇の6,645万円となっている。

各エリアの新築マンション市場動向
各エリアの状況は、以下の通りである。

東京23区の供給戸数は、前年同月比15.0%減の635戸。平均坪単価は同16.3%上昇の467万9,000円。平均価格は同14.1%上昇の8,435万円となった。

東京都下の供給戸数は、同75.0%増の154戸。平均坪単価は同8.9%上昇の338万6,000円。平均価格は同11.3%上昇の6,921万円だった。

横浜市・川崎市の供給戸数は、同10.9%増の213戸。平均坪単価は同20.9%上昇の347万3,000円。平均価格は同45.8%上昇の3,875万円である。

神奈川県下の供給戸数は、同14.7%減の122戸。平均坪単価は同15.0%上昇の233万7,000円。平均価格は同6.2%上昇の4,477万円だった。

埼玉県の供給戸数は、同2.9%増の175戸。平均坪単価は同5.5%上昇の249万8,000円。平均価格は同36.8%上昇の5,037万円。

千葉県の供給戸数は、同45.0%減の88戸。平均坪単価は同8.0%上昇の221万1,000円。平均価格は同9.4%上昇の4,735万円となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社マーキュリーのプレスリリース
https://mcury.jp/pressroom/1881/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

2021年11月の中古一戸建て平均価格、中部圏は急上昇、福岡県は急下落 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。