不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

土地活用にも最適な台湾発の「駐車場アプリ」サービスが上陸

2023/11/9 23:30

クラウド駐車場シェアリングプラットフォーム「USPACE」とリアリティ社が提携
九州エリアを中心に不動産事業を展開するリアリティマネージメント株式会社(以下、リアリティ社)は7日、クラウドベースで次世代型駐車場シェアリングサービスを展開する台湾のスタートアップ企業、Uspace Tech Co., Ltd.の日本子会社である株式会社ユースペース(以下、Uspace)と業務提携契約を締結したことを発表した。Uspaceの駐車場ビジネスモデルとサービスを、日本国内全国に展開させていく。

Uspaeの駐車場シェアリングサービスは、駐車スペースを探しているユーザーと、未利用・低利用の土地を有し活用したいと考える不動産オーナーの双方にメリットをもたらすもの。

安心で簡単、スピーディな土地活用で収益改善
ユーザーはユーザー向けアプリで事前に空いている駐車スペースを検索し、分刻みでの利用を予約・申請できる。事前に駐車スペースを確保しておけるため、出先での駐車場探しにかかる手間を削減できるほか、分刻みでの精算が行えるためビジネス利用を含め、無駄なコストを徹底して削減できる利点がある。

オーナーは、本格的な駐車場経営に臨む準備をすることなく、手軽にスペースを提供し、収益化を図ることができる。

決済方法はクレジット決済と電子マネー決済で、特別な精算機の設置は必要ない。ゲートの設置なども不要で、故障や破損事故リスク、スタートハードルの大幅低減が叶う点も魅力といえる。必要機材は約30分で設置可能で、多様な立地に対応、どのようなスペースでもすぐに有効な土地活用を始められるとされる。

機材となる「_ULOCK」には、バーの上昇中に異物を検知すると自動的に下降したり、違法駐車を検出した際に自動でサービス提供を中止したり、バッテリー残量を検知して少なくなると自動でメンテナンスを開始する機能、ユーザーの決済忘れが生じても自動で決済を完了させる未納対策機能などが搭載されている。

オーナー向けのアプリでは、運用時間や価格設定などの変更、予約・収益管理などを一括して行える。

リアリティ社では、このUspaceによる画期的サービスを広く発信、普及させていきたいとした。

外部リンク

リアリティマネージメント株式会社 プレスリリース
http://reality-m.jp/pdf/20231107.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

不動産投資型CF「大家 .com」、4号案件が募集開始当日に満額成立 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。