不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

フラット35の金利2か月連続で低下-住宅金融支援機構

2019/7/3 11:00

【フラット35】融資率9割以下の最低金利は1.180%
住宅金融支援機構は7月1日、住宅ローン「フラット35」などの最新借入金利となる、2019年7月の融資金利情報を公表した。

7月時点での、返済期間が21年以上35年以下の【フラット35】の金利は、融資率9割以下で年1.180%~年1.870%。再低金利が2か月連続で低下している。なお、取り扱い金融機関が提供する金利で最も多いのは、1.180%である。

融資率9割超の金利は年1.620%~年2.310%。取り扱い金融機関が提供する金利で、最も多いのは1.620%である。

返済期間が20年以下の【フラット20】では、融資率9割以下で年1.120%~年1.810%だった。こちらも最低金利が、2か月連続で低下している。金融機関の取り扱いで最も多い金利は1.120%である。融資率9割超では、年1.560%~年2.250%。1.560%で取り扱っている金融機関が最も多い。

【フラット50】融資率9割以下の最低金利は1.590%
長期優良住宅の認定を受けた住宅の購入で、50年間の借り入れが可能な【フラット50】の金利は以下の通りとなっている。

融資率9割以下が年1.590%~年2.090%。取り扱い金融機関で最も多い金利は1.590%。

融資率が9割超の場合は、年2.030%~年2.530%。取り扱い金融機関で最も多い金利は2.030%である。

外部リンク

最新の金利情報:長期固定住宅ローン【フラット35】
https://www.simulation.jhf.go.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東日本不動産流通機構が『2012年12月度首都圏の住宅市場動向』を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。