不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

AIを使って賃料査定から家賃管理までオーナー業務をワンストップで提供

2019/6/28 17:00

ビッグデータで不動産オーナーを支援
近年、インターネットやスマートフォン世代の不動産オーナーが増加しており、これからの不動産取り引きにはITの活用が不可欠となった。

そこで、不動産オーナー向け商品「家主ダイレクト」を提供するCasaは6月25日、不動産物件のAI診断サービスを開発すると発表した。

AIを使って物件の収益予測を行うサービス「Gate.」を運営するリーウェイズと資本業務提携を行い、2社で共同開発に取り組む。

今回の提携によってCasaが保有する20万件超のオーナーデータに加え、リーウェイズの6,000万件超の物件データをもとに、AIによる分析機能を活用した不動産評価システム、物件情報提供のプラットフォーム、不動産管理アプリを共同開発する計画だ。

収益査定シミュレーターやリスク評価機能も
これによって賃料査定から物件登録、入居募集、家賃管理まですべてのオーナー業務をワンストップでサポート。

賃料査定ではビッグデータと最先端テクノロジーよるリアルタイムの時価評価を行い、収益査定シミュレーターやリスク評価機能も備える。

Casaは、
今後も不動産オーナーに向けて、Real Estate Tech(不動産テック)を活用したサービスを提供してまいります
(プレスリリースより)

と述べている。

外部リンク

株式会社Casaのプレスリリース
https://prtimes.jp/000000018.000020482.html

株式会社Casaのホームページ
https://www.casa-inc.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

米ペンシルバニア州不動産PREIT、1000万普通株式引受公募を開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。