不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

「シティタワー武蔵小杉」、第一期販売好調&5月下旬から第二期販売予定

2014/4/30 06:00

第一期の契約数と第二期の販売について
住友不動産株式会社は大規模免震タワーレジデンス「シティタワー武蔵小杉」の第一期販売を終え、契約数が175戸という好調な結果となった。そして、第二期の販売は5月下旬を予定している。

(画像は住友不動産株式会社 ニュースリリースより)

物件について
本物件は東急東横線、目黒線の「武蔵小杉」駅から徒歩4分、JR横須賀線と湘南新宿ラインの「武蔵小杉」駅から徒歩4分の距離に位置する。都心へはダイレクトにアクセスでき、交通の利便性が高い。建物は地上53階、地下3階建てで、総戸数は800戸である。

そして、隣接地には大型商業施設「グランツリー武蔵小杉」がオープンする予定となっており、多くの施設が集まる「再開発エリア」内に本物件は建設される。竣工は平成28年1月を予定しており、入居開始は平成28年3月を予定している。

第一期の販売について
第一期の販売価格は5290万円~7,690万円で、間取りは2LDK~3LDKであった。そして、最多価格は3LDKで6700万円台となった。

本物件は昨年11月にマンションギャラリーがオープンして以来、約1600組の方々がマンションギャラリーを訪れるという人気物件である。興味のある方は第二期販売前に公式HPで詳細を確認してみてはどうだろうか。

外部リンク

住友不動産株式会社 ニュースリリース
http://www.sumitomo-rd.co.jp/news/files/1404

物件HP
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ミッドサイズオフィスビル「X-PRESS 有楽町」完成 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。