不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

国交省、「平成25年度民間住宅ローンの実態に関する調査の結果報告書」公表

2014/3/18 14:00

住宅資金貸出の実績のある民間金融機関を対象に調査
国土交通省は3月14日、「平成25年度民間住宅ローンの実態に関する調査の結果報告書」を公表した。

民間住宅ローンの供給状況の実態等について把握し、住宅政策立案を行っていくための基礎資料を作成することを目的として平成15年から実施するもので、住宅資金貸出の実績のある民間金融機関1,436を調査対象とし、回答率は96.5%。

(画像は同報告書より)

個人向け住宅ローン新規貸出額は対前年比5.6%増
個人向け住宅ローンの全体(金利タイプ別に分類していないもの)の実績としては、新規貸出額が、平成24年度は16兆3,150億円で、平成23年度15兆4,532億円と比べ5.6%増となっている。貸出残高では、平成24年度末時点では127兆5,993億円で、平成23年度123兆9,519億円と比べ2.9%増となっている。

上記のうち、新築住宅の建設・購入に係る融資の実績としては、新規貸出額が、平成24年度は4兆7,065億円で、平成23年度4兆5,636億円と比べ3.1%増となっている。また、他の住宅ローンからの借り換え実績では、平成24年度は1兆8,991億円で、平成23年度2兆696億円と比べ8.2%減となっている。

個人向け住宅ローン以外の融資で、賃貸住宅の建設・購入に係る融資(アパートローン)の実績としては、新規貸出額が、平成24年度は1兆7,393億円で、平成23年度1兆5,823億円と比べ9.9%増となっている。貸出残高では、平成24年度末時点では18兆2,967億円で、平成23年度17兆9,277億円と比べ2.1%増となっている。

外部リンク

国土交通省 「平成25年度民間住宅ローンの実態に関する調査の結果について」
https://www.mlit.go.jp/report/press/house01_hh_000063.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東急コミュニティー、マンション専有部向け「対災力・対犯力」ガイドブックを配布 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。