不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

大規模複合開発「日本橋室町東地区開発計画」の第2弾が竣工、三井不動産株式会社

2014/1/31 14:00

大規模複合開発「日本橋室町東地区開発計画」
三井不動産株式会社は東京都中央区日本橋室町にて、5つの街区にわたる大規模複合開発「日本橋室町東地区開発計画」を推進してきた。その第2弾となる「室町古河三井ビルディング」と「室町ちばぎん三井ビルディング」を2月1日に竣工すると発表した。

「室町古河三井ビルディング」は、最大規模の建物であり賃貸住宅、オフィス、商業施設の三層構成となっており、「室町ちばぎん三井ビルディング」は、オフィス、商業施設の二層構成だ。

(画像はプレスリリースより)

「通り」に特徴があるデザイン
オフィス部分は基準階の形状や大きさにバリエーションを設けており、テナントのニーズに合わせて対応が可能となっている。また環境に配慮し、LED照明や電動ブラインドなどを導入した。その他にも安心・安全への対応として災害情報の放送や、72時間対応の非常用電源による電力供給などができる。

建物の外観は、團紀彦氏のデザインコンセプトとなっており、周辺の歴史的建築物との調和に配慮しつつ、「通り」に特徴を持たせたデザインとした。

低層部の商業施設「COREDO室町2」「COREDO室町3」は、3月20日(木)にオープン予定。そして最後の1街区の「福徳神社」は、本年秋に完成する予定だ。
「室町古河三井ビルディング」概要
所在地:東京都中央区日本橋室町二丁目3番1号
敷地面積:約3,723平米
延床面積:約62,470平米

「室町ちばぎん三井ビルディング」概要
所在地:東京都中央区日本橋室町一丁目5番5号
敷地面積:約1,945平米
延床面積:約29,120平米
(ニュースリリースより引用)

外部リンク

三井不動産株式会社 ニュースリリース
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

フロンティア不動産投資法人、2020年5月期分配金は1万766円 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。