不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

矢野経済研究所が住宅リフォーム市場に関する調査を実施

2013/6/7 14:00

住宅リフォームに関する調査
株式会社矢野経済研究所が住宅リフォーム関連事業者等を対象として、住宅リフォームに関する調査を実施して、その結果を発表した。調査期間としては2013年3月から5月であり、調査方法としては矢野経済研究所専門研究員によって直接面談と文献調査の両方で行った。

2012年の住宅リフォーム市場規模としては、前年に比ベタ場合に0.5%増しての6兆1,894億円とほぼ横ばいで推移した。分野別にみた場合には、「家具・インテリア」関連はともに増加したのだが、住宅リフォームの根幹となっている増改築や水まわり設備の交換というような「設備修繕・維持」に関連するものは微減であった。

中古住宅取得時のリフォーム
2013年の住宅リフォーム市場規模をみた場合には、前年比約2%増しての約6.3兆円で、2020年の市場規模としては2010年に比べると約29%増の7.6兆円と拡大予測している。政府が打ち出している「新成長戦略」に基づいて補助金などがあるのだが、この政策に沿ってリフォーム事業者による提案の強化などを行なっていく。今後リフォーム市場が大きく活性化していった場合には、2020年の市場規模は7.6兆円にまで拡大すると予測されている。

今後の注目市場は「中古住宅取得時のリフォーム」である。
住宅総数が世帯数を上回っている住宅状況において、中古住宅流通量は今後増えると考えられている。その中でも注目されるのは、中古住宅取得時のリフォームである。昨今では新築住宅価格と比較した場合に割安な分、その差額を中古住宅取得時のライフスタイルに合わせて間取りを変更するなどの大規模リフォームを行うことが出来るようになる。そのようなことから提案力や商品力を強化しているリフォーム事業者も少なくなく、今後の動向が注目されている。

外部リンク

矢野経済研究所 住宅リフォーム市場に関する調査
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1101.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「iYell住宅ローンプラットフォーム」のJLM社、中国銀行と提携 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。