不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

駅近の方がマンション価格が高いは本当?-マンションマーケット調査

2017/3/1 06:15

東京23区の平米単価の差を調査
マンションマーケットは2月24日、「駅近の方が家の価格が高い」とする通説を検証するために、駅から徒歩5分圏内と駅から徒歩5分圏外のマンションの平均平米単価を比較した調査結果を発表した。

調査の対象は、マンション相場情報サイト2017年2月23日時点で「マンションマーケット」に掲載されている、築10年以内の中古分譲マンション。徒歩1分を80メートルとし、駅から徒歩5分の距離は400メートルとした。

東京23区のうち22区が駅近のほうが高価格
調査結果から東京23区のうち22区が、駅に近いマンションの方が高いことがわかり、「駅近の方が家の価格が高い」とする通説は事実であることがわかった。

駅近の割増率が高い順にランキングにすると、トップは葛飾区で約13%。2位は世田谷区で割増率は11.42%、3位は江戸川区の11.07%だった。

唯一、駅徒歩5分圏外の方が高かったのが千代田区だが、差額はマイナス2%とほとんど差はみられない。

(画像は、マンションマーケットのホームページより)

外部リンク

株式会社マンションマーケットのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000024.000014183.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京圏の新型物流施設の賃料がピークに-JLL調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。