不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

電力自由化で電力会社を変更した人は何割? マイボイスコム調べ

2016/6/30 14:15

電力自由化について詳しく知っている人は3割
今年4月から、電力の小売自由化が解禁となり、家庭でも電力会社を自由に選べるようになった。これを受けてネットリサーチのマイボイスコムは6月28日、「電力自由化」についてのアンケート調査の結果を発表した。

調査によると、電力自由化の認知率は96.3%と高いが、「内容まで詳しく知っている」人は30.2%と3割強にとどまっている。

自由化に興味がある人は44.2%だが、「内容まで詳しく知っている」人の6割強が、自由化に興味を持っていると答えている。

自由化後も今の電力会社を利用する人は66%
電力自由化後に、「電力会社を変更した・手続き中」の人は6.2%、「電力会社の変更を予定している」人は10.0%。一方で、「電力会社を変更する予定はない」と答えた人は、66%となっている。

今後契約したい電力会社をでは、「大手電力会社(従来の電力会社)」が34.8%、「大手電力会社以外の電力会社(新規参入会社)」が14.9%、「どちらともいえない」が50.2%だった。

ただし電力自由化の内容まで詳しく知っている層では、「大手電力会社」が4割弱、「新規参入会社」が3割弱となっている。

電力会社を選ぶうえで重視する点を尋ねたところ、5~6割の人が「電気料金の単価」と、「お得な料金プランがある」と答えており、上位2位を占めている。

電力自由化のついてどう思うかと尋ねたところ、「電気代が安くなるのはよい」が61.6%、「電力の購入先を自由に選べるのはよい」が49.2%と、おおむね好評だ。

「電気が安定的に供給されるか不安」、「料金が安いことで、サービス内容や質が悪くなるのではないか」、「地域によってサービス内容の格差が生じる」といった不安を感じている人は、1割強~2割強にとどまっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

マイボイスコム株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp/7815.html

マイボイスコム株式会社のホームページ
http://myel.myvoice.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏の中古一戸建て価格、前月比4.3%上昇 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。