不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

京都府駅前に建設中の大規模マンション、6月にモデルルームOPEN

2014/4/21 18:00

大規模分譲マンション事業に実績のある6社共同
近鉄不動産株式会社、野村不動産株式会社、ジェイアール西日本不動産開発株式会社、近畿菱重興産株式会社、住友商事株式会社、株式会社長谷工コーポレーションの合計6社共同で、大規模マンション『京都桂川つむぎのまちグランスクエア』を現在建設中である。

建設地はキリンビール京都工場跡地であるJR京都線「桂川」駅前複合開発街区で、総戸数は京都府駅前最大となる431戸である。

そして、平成26年6月上旬からモデルルームをオープンする。販売開始時期は平成26年7月からで、予定販売価格は2000万円台後半~6000万円台である。

(画像はニュースリリースより)

本物件について
本物件は東海道本線(JR京都線)の「桂川」駅から徒歩2分、阪急京都線の「洛西口」駅から徒歩7分の距離に位置し、地上15階建て、間取りは2LDK~4LDK+Nである。竣工時期は平成27年8月を予定している。

本物件の特徴
本物件は京都府駅前最大のマンションプロジェクトの1つであり、本物件の他に全体計画では合計約1000戸のマンションが建設される予定である。

そして、本物件は経済産業省の「スマートマンション導入加速化推進事業」に採択されている他、全国初のLPG災害対応型エコウィルプラスシステムを搭載した安心の防災計画が共用部に採用される。

また、本物件に関する問い合わせ数は3ヶ月間で約2800件と反響が高く、人々の関心がとても高いと言える。興味のある方はぜひ、公式HPから詳細を確認してみてはどうだろうか。

外部リンク

住友商事株式会社 ニュースリリース
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/detail/id=27834

公式HP
http://www.kintetsu-re.co.jp/mansion_kansai/kyoto

最新ニュース

関連ニュース

コメント

REIT Exchange REIT株式交換開始発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。