不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

港区、突出。マーキュリー、「月例新築マンション動向」2月号速報データを発表

2019/2/11 06:00

2019年1月の東京23区別分譲実績データ
株式会社マーキュリーは、2019年2月7日、『月例新築マンション動向』2月号の速報データを発表した。

同社は、マーケティングシステム『サマリネットシリーズ』の提供などを手がける企業。『月例新築マンション動向』は、同社運営メディア『Realnetニュース』にて毎月発表されているものであり、今回の発表では2019年1月の東京23区別分譲実績データが明らかにされている。

ビッグデータを活用したレポートなどを配信
マーキュリーは、新築分譲マンション業界にて導入シェア9割を誇るという『サマリネットシリーズ』を中心として、約20年にわたり不動産業界向け情報サービスを展開してきた実績を持つ。1995年以降に分譲された約4万物件の新築マンションデータを保有しており、情報収集力と分析ノウハウを生かしたサービスを提供している。

同社は、会員制情報サービス『Realnet』においても、多くの情報を発信。また、データを活用したスマートフォンアプリの提供も手がける。さらに『Realnetニュース』では、ビッグデータを活用したレポートや、オリジナルの取材記事なども配信している。

港区、次点にあたる世田谷区を大きく引き離す
『月例新築マンション動向』2月号の速報データでは、港区が前年同月との平均価格変動率において61%のプラスを示した。次点にあたる世田谷区の38%プラスを大きく引き離し、23区内で最大の伸張をマークしている。

マーキュリーは今後も、情報収集力と分析ノウハウを生かして不動産に関わる多くの人の満足を創造するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

月例新築マンション動向(速報値)2019年度1月実績 - 株式会社マーキュリー
https://news.real-net.jp/pickup/92143

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京圏物流施設の需給バランス改善へ-一五不動産情報サービス調べのページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。