不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

マンションマーケット、港区が対象の「資産性が高いエリアランキング」発表

2018/6/21 04:00

平均平米単価を算出、上昇率が高い順にランク付け
株式会社マンションマーケットは、2018年6月18日、東京都港区を対象とする『資産性が高いエリアランキング』を発表した。

同社は、マンション情報サイト『マンションマーケット』運営を手がける企業。同ランキングは、港区30エリアを所在とするマンションの平均平米単価を算出し、価格の上昇率が高い順にランク付けを行ったもの。

「西麻布」が上昇率4.48%でトップ
今回発表された港区の『資産性が高いエリアランキング』は、『マンションマーケット』に掲載されている中古分譲マンションを対象として作成された。価格の上昇率は、2017年4月の月間平均平米単価と2018年4月の平均平米単価を比較して、算出されている。

同ランキングでは、「西麻布」が上昇率4.48%でトップに立った。2位は4.09%で「南青山」が、3位には3.93%で「高輪」が、それぞれランクインしている。この結果についてマンションマーケットは、以前から人気を持つエリアが上位に入ったと考察。2017年4月時点で価格が高水準だったにも関わらず、さらに4%以上の上昇を見せた点に、注目している。

「浜松町」「西新橋」がランクイン
マンションマーケットはまた、「白金」「六本木」などのエリアがベスト10に入らず、代わって「浜松町」「西新橋」といったエリアがランクインした点に注目。再開発と利便性が、「浜松町」「西新橋」において価格上昇という恩恵をもたらしたと、考察している。

同社は今後も、多様な不動産取引サービスを増やすことをミッションとし、サービスを提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

港区のマンションを調査!1年間で資産性が上昇したエリアランキングTOP10 - 株式会社マンションマーケット
https://mansion-market.com/minatoku_area_ranking/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住友不動産「新築分譲マンション」発売数4年連続で1位を獲得のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。