不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

マンションマーケット、東京メトロ9路線のマンション価格上昇率ランキングを発表

2018/6/16 14:00

2007年築のマンションを価格上昇率が高い順に
株式会社マンションマーケットは、2018年6月15日、東京メトロ9路線の沿線を対象とする『マンション価格上昇率ランキング』を発表した。

同ランキングは、同社が運営するマンション情報サイト『マンションマーケット』のデータを用いて作成されたもの。沿線の駅から徒歩10分圏内に立地する2007年築のマンションについて、価格上昇率が高い順にランク付けを行っている。

ランキングのトップに立ったのは、「銀座線」
同ランキングが対象とするのは、「銀座線」「丸ノ内線」「日比谷線」「東西線」「千代田線」「有楽町線」「半蔵門線」「南北線」「副都心線」の東京地下鉄9路線。『マンションマーケット』に掲載されている2007年築かつ駅徒歩10分圏内の分譲マンションについて、2017年と2018年の平均平米単価を比較している。

最も高い上昇率を示してランキングのトップに立ったのは、「銀座線」となった。銀座線沿線マンションの価格上昇率は、7%を突破。上昇率137.9%の『パークハウス赤坂新坂』、同115.2%の『スカイコート浅草雷門』、同112.6%の『日神デュオステージ浅草寿町』といった物件が、沿線全体の上昇率を牽引する形となっている。

便利な割に割安物件が多い「銀座線」エリア
同ランキングにおいて「銀座線」がトップに立った要因として、下町エリアの上昇も見逃せないとマンションマーケットは考察する。上野・浅草といったエリアは、「銀座線」で都心へ出やすいが、西東京エリアに比べるとネームバリューは落ちる。そのため、交通が便利な割に割安な物件が多く、需要が増してマンション価格も上がったと分析している。

同社は今後も、多様な不動産取引サービスを増やすべく、不動産サービスを提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

【2018年最新調査】東京メトロ、最もマンション相場が上昇した路線は - 株式会社マンションマーケット
https://mansion-market.com/sapuri/2018_tokyometro_assets/

東京メトロ9沿線、マンション価格上昇率ランキング - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京23区の大規模オフィスビル市場は堅調に推移/森ビル調査のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。