不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産経済研究所、「超高層マンション市場動向2018」発表

2018/4/26 20:00

不動産経済研究所、「超高層マンション市場動向2018」発表

2018年以降完成見込みは10万8,757戸
不動産経済研究所は4月24日、「超高層マンション市場動向2018」を発表した。

全国で2018年以降に完成見込みの超高層マンション(20階建て以上)は294棟、延べ10万8,757戸で、前回調査時(2017年3月末時点)に比べて54棟・1万6,471戸増加。内訳は、首都圏で181棟・8万303戸、近畿圏47棟・1万3,811戸、そのほか66棟・1万4,643戸となっている。

東京23区は123棟・5万5,570戸を計画
18年以降に完成が計画されている超高層マンションの地域別では、首都圏が、東京23区123棟・5万5,570戸、都下14棟・5,031戸、神奈川県26棟・1万2,360戸、埼玉県8棟・2,878戸、千葉県10棟・4,464戸。

完成予定年次は18年25棟・7,128戸、19年35棟・1万1,073戸、20年39棟・1万6,102戸、21年18棟・6,312戸、22年以降64棟・3万9,688戸。

近畿圏が、大阪市内30棟・8,737戸、大阪府下9棟・2,924戸、兵庫県6棟・1,786戸、滋賀県1棟・265戸、和歌山県1棟・99戸。

完成予定年次は18年12棟・2,741戸、19年18棟・5,239戸、20年5棟・1,032戸、21年4棟・1,133戸、22年以降8棟・3,666戸となっている。

(画像は不動産研究所公式サイトより)

外部リンク

不動産研究所 プレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/share/mansion/325/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

日本不動産研究所、「不動研住宅価格指数」3月値を公表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。