マーケット

不動産投資は、常に最新のマーケット情報を持っているか、持っていないかで大きく左右されます。投資のタイミングやポイント、購入する物件情報など、不動産投資マーケット全体を見渡して、本当に問題ないかどうかを判断することが肝要です。ここでは不動産投資に関連するシンクタンク各社が発表する最新のマーケット情報から、リリース情報まで幅広くピックアップしているので、ぜひチェックしてください。

首都圏は上昇傾向。東京カンテイ、2018年10月の中古一戸建て平均価格を発表

最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内の物件株式会社東京カンテイは、2018年11月20日、首都圏・近畿圏などにおける2018年10月の中古一戸建て平均価格を発表した。 この平均価格は、敷地面積が100~300平米で、最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内であり、土地・…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/11/22 20:15

東京カンテイ、三大都市圏における2018年10月の中古マンション平均価格を発表

「売り希望価格」を行政区画単位に集計・算出株式会社東京カンテイは、2018年11月20日、三大都市圏における2018年10月の中古マンション70平米価格月別推移を発表した。 ここでの「価格」は、東京カンテイのデータベースに登録された中古マンションの「売り希望価格…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/11/22 20:00

10月近畿圏のマンション発売戸数2か月ぶりの増加-不動産経済研究所

契約率は77.7%不動産経済研究所は11月15日、2018年10月度の「近畿圏のマンション市場動向」を発表した。 これによると10月の近畿圏のマンション市場は、大阪府全域で供給戸数が増加し全体を牽引している。また、都市部のコンパクトマンション及び、奈良県・和歌山…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/11/22 20:00

10月東京主要5区の空室率1%台に迫る-ビルディンググループ

主要5区の空室率6か月連続で2%台ビルディンググループは11月14日、2018年10月度の「全国6大都市圏オフィスビル市況調査」の結果を発表した。東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台の主要エリアにおける、オフィスビル市場の動向を調査したもの。 これによると、全…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/11/20 21:00

10月首都圏マンション販売戸数2か月連続で増加-不動産経済研究所調べ

10月首都圏マンション販売戸数、2,895戸不動産経済研究所は11月15日、2018年10月度の「首都圏のマンション市場動向」を発表した。 これによると10月の首都圏におけるマンションの新規発売戸数は、前年同月比2.8%増の2,895戸。2か月連続での増加となった。 地域…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/11/18 05:00

マーケットのページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。