マーケット

不動産投資は、常に最新のマーケット情報を持っているか、持っていないかで大きく左右されます。投資のタイミングやポイント、購入する物件情報など、不動産投資マーケット全体を見渡して、本当に問題ないかどうかを判断することが肝要です。ここでは不動産投資に関連するシンクタンク各社が発表する最新のマーケット情報から、リリース情報まで幅広くピックアップしているので、ぜひチェックしてください。

マーキュリー、「月例新築マンション動向」2018年10月号を発表

2018年7月度のデータを扱う株式会社マーキュリーは、2018年10月3日、『月例新築マンション動向』の2018年10月号を発表した。 同社は、新築マンション業界で導入シェア9割を誇るマーケティングシステム『サマリネットシリーズ』を提供している企業。『月例新築マンシ…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/10/9 02:15

東京都の8月の新設住宅着工戸数、2か月振りの減少

東京都の8月の着工数は1万1,801戸東京都は10月4日、平成30年8月の新設住宅着工戸数のとりまとめを公表した。 これによると、8月の東京都内における新設住宅着工戸数は1万1,801戸。前年同月に比べて貸家は増加したものの持ち家と分譲住宅が減少し、全体で8.1%減と、…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/10/9 01:00

融資額は増加するが融資姿勢は慎重。「CBREレンダーアンケート2018」発表

レンダーに今後の市場の見通しを訊ねるシービーアールイー株式会社(以下「CBRE」)は、2018年10月4日、レポート『CBREレンダーアンケート2018』を発表しました CBREは、ロサンゼルスを本拠とする事業用不動産サービスおよび投資顧問会社であるCBREグループの日本法…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/10/8 20:00

8月住宅着工数が増加、3か月振り-国交省

8月の新設住宅着工数8万1860戸、3か月ぶりの増加国土交通省は9月28日、「建築着工統計調査報告(平成30年8月分)」を公表した。 このうち平成30年8月分の住宅着工統計をみると、8月に新設された住宅の着工数は8万1860戸。前年同月比で3か月ぶりに増加へと転じた。 …

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/10/6 00:00

10月「フラット35」最低金利2か月連続と上昇-住宅金融支援機構

「フラット35」融資率9割以下の金利1.410%住宅金融支援機構は10月1日、住宅ローン「フラット35」などの最新借入金利を発表した。 これによると返済期間が21年以上35年以下の「フラット35」の最新金利が、融資率9割以下は年1.410%~年2.070%。再低金利が2か月連続…

記事全文

ニュースの公開日時: 2018/10/5 03:00

マーケットのページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。