不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

セコムトラストシステムズと凸版印刷、住宅ローン契約の電子化サービスで業務提携

2018/12/14 19:00

利用環境に依存しないサービスを実現
セコムトラストシステムズ株式会社は、2018年12月11日、個人向け住宅ローン契約の電子化サービスについて凸版印刷株式会社と業務提携を開始すると発表した。

セコムトラストシステムズは、セコム株式会社のグループ会社。今回の提携では、利便性が高く利用環境に依存しないサービスの実現が、目指されるという。

『Speed Entry Trust』と『あんしんエコ文書サービス』
セコムトラストシステムズは、紙文書の電子化を数多く手掛けている企業。2004年には、国際基準に準拠した国内初の「ルート認証局」も設置。電子証明書やタイムスタンプを活用したサービス『セコムあんしんエコ文書サービス』も提供しており、三井住友銀行や朝日信用金庫といった金融機関でも技術が導入・活用されている。

同社が今回業務提携を開始した凸版印刷は、申込・契約手続きの電子化サービス『Speed Entry Trust』の提供を2017年4月に開始した。同サービスは、住宅ローンの手続きなどもネット上で完結可能にするもの。三菱UFJ銀行の住宅ローン受付業務において、既に導入されている。

今回の業務提携では、この『Speed Entry Trust』と、セコムトラストシステムズの『あんしんエコ文書サービス』が、連携を行う。

モバイル端末でも契約完結が可能に
『Speed Entry Trust』と『あんしんエコ文書サービス』の連携により、セコム発行の電子証明書でも契約書面への電子署名が可能となった。スマートフォンやタブレットといったモバイル端末でも契約完結が可能となるため、利便性が一層高まることが見込まれる。

両社は今後、『Speed Entry Trust』を全国の金融機関に拡販するとしている。

外部リンク

個人向け住宅ローン契約の電子化サービスで業務提携 - セコムトラストシステムズ株式会社
https://www.secom.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

近畿大阪銀行、ハートトラスト「心の信託」提供開始のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。