不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏で賃貸住宅のトレンド上昇鈍化-タス調べ

2018/11/4 01:00

東京23区と千葉市の市況、「やや悪い」から「悪い」へ
タスは10月31日、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2018年10月」を発表した。

レポートから、2018年第2四半期における1都3県賃貸住宅市況図をみてみると、東京23区では、台東区が「やや悪い」から「やや良い」に改善した。

その一方で、千代田区が「良い」から「やや良い」、墨田区が「やや悪い」から「悪い」、品川区が「やや悪い」から「悪い」、豊島区が「やや良い」から「やや悪い」、荒川区が「良い」から「やや良い」に悪化している。

首都圏全体では、東京23区全体と千葉市が、「やや悪い」から「悪い」に悪化した。

トレンド上昇地域横ばいで推移
2018年第2四半期における1都3県賃貸住宅市況におけるトレンド状況でも、トレンド上昇率は鈍化している。下降を示す地域は第1四半期の22地域から18地域へと減少しているのものの、上昇を示す地域は第1四半期と横ばいの5地域にとどまっている。

東京23区内では、トレンドが上昇を示す地域もみられるが、東京市部や周辺の県では好転の兆しが見られない。

(画像はプレスリリースより)
(分析:株式会社タス)

外部リンク

株式会社タスのプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/169578

賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2018年10月
https://corporate.tas-japan.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京都の8月の新設住宅着工戸数、2か月振りの減少のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。