不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京23区マンション価格上昇率が高いのは東東京エリア-マンションマーケット調べ

2018/4/27 07:00

2017年、マンション価格が最も上昇して駅は?
マンションマーケットは4月20日、「東京23区駅 2017年価格上昇率ランキング」を発表した。

同社が運営するマンション相場の情報サイト「マンションマーケット」のデータを元に、東京23区にある駅周辺のマンションの平均平米単価を算出し、2017年1月と同年12月の価格を比較して上昇率が高い駅をランキングしたもの。

これによると2017年にマンション価格が最も上昇したのは、都営大江戸線「新宿西口」駅だった。上昇率は約10.42%。平米単価は2017年1月の73万9012円から、12月には81万5999円まで値上がりした。

2位は練馬区の西武新宿線「上石神井」駅。3位は大田区の東京モノレール羽田空港線「整備場」駅となっている。

インバウンド需要の高い東東京エリアに注目!
4位以降には台東区の「京成上野」駅や足立区の「西新井」駅などがランキングしている。エリアにバラつきがあるものの、全体的にみると東東京エリアの値上がりが目立つ。

30位までのランキングを見ても、西東京エリアは26位の「千駄ヶ谷」駅くらいで、それ以外はおおむね東東京エリアが占めている。

東東京エリアの中でもトップ10内にランキングしている、3位の「整備場」駅(大田区)、4位の「京成上野」駅(台東区)、6位の「昭和島」駅(大田区)、9位の「御徒町」駅(台東区)に共通している理由として、インバウンド需要が狙えることが挙げられる。

これらのエリアには外国人観光客が多く訪れており、消費が高まっている。これによる物価の上昇に伴い、マンション価格も値上がり傾向にある。特に2018年から民泊に関する新しい法律ができ、民泊が合法化されたのが大きい。

マンションマーケットによると、
大田区は羽田空港の利用のしやすさからニーズが高まると考えられますし、上野は観光地として盛り上がると考えられます
(プレスリリースより)

とのことだ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社マンションマーケットのプレスリリース
https://prtimes.jp/000000042.000014183.html

株式会社マンションマーケットのホームページ
https://mansion-market.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

国交省、5月分の「不動産価格指数」などを公表のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。